金融ビックバンとも呼ばれている金融分野の規制緩和によって、一般の投資家を取り囲んでいる金融市場は大きな変化を見せています。規制緩和による最も大きな影響は、金融市場で販売される金融商品の種類が以前と比べて非常に増えたということでしょう。これまで一般の投資家が資産の運用先に選べる金融商品は限られていましたが、規制緩和によって新しい金融商品が開発・販売しやすくなったのです。現在では多くの金融商品が販売されていますが、ときには慣れていない金融商品の取引において思わぬトラブルを引き起こすこともあります。そのような事態を未然に防ぎ、一般の投資家を保護する目的としてつくられたのが「金融商品取引法」という法律です。
金融市場で金融商品を販売している業者は数多く存在していますが、このような業者のことを金融商品販売業といいます。金融商品を販売するためには内閣総理大臣に対して申請を行い、登録を行なわなければいけません。このことは「金融商品取引法」によって定められています。
また、実際に投資家に金融商品を販売する際には販売会社の経営状態や、商品の仕組み、リスク、コストがわかるように記載した書面を交付することなどの勧誘方針に関する規制を受けることになっており、そのことが投資家の保護につながっています。